りんかい線一日乗車券


りんかい線の一日乗車券です。

りんかい線の窓口で一日乗車券を購入すると、このような絵柄入りの磁気カード券となります。

磁気カード券は前売り券で、表記の有効期間内の一日に限り有効です(当日使用も、もちろん可能)。

券売機で購入した場合は券売機券(発売当日限り有効)となります。

大人700円(小児350円)です。

りんかい線のマスコットキャラクターのりんかるの絵柄と、りんかい線の全駅名入りとなっています。

りんかい線の運賃は割高ですので、りんかい線の硬券入場券収集など各駅をまわる場合にはお得なきっぷです。

福島交通飯坂温泉駅補充片道乗車券


福島交通飯坂温泉駅の補充片道乗車券です。

飯坂温泉からJR南福島までの小児片道での発券です。

発駅発行駅常備の券です。

福島交通では、今年3月3日までJRとの連絡運輸を行っていました。

飯坂温泉駅ではこのようにJR連絡用に発駅発行駅常備の補片の設備がありました。

福島交通の連絡運輸の対象駅は飯坂温泉駅のみでしたので、飯坂温泉駅以外の駅には補片の設備はありませんでした。

JR連絡運輸が終了したため、現在は購入できません。

連絡運輸も年々縮小して、このような補充券も姿を消しつつあり、残念ですね。

京都丹後鉄道久美浜駅B自由席特急券


京都丹後鉄道久美浜駅のB自由席特急券です。

豊岡からJR100キロまでの区間の自由席特急券です。

発駅発行駅補充の券です。

京都丹後鉄道の駅では京都丹後鉄道との接続駅からのJR区間内の特急券の発売を行っていて、特に発券端末のない駅ではこのような常備券の設備があります。

小児断線があり、三谷駅の常備自由席特急券とは様式に違いがあります。

発行駅は補充ですが、発行駅の上には「京都丹後鉄道」の記載があり、京都丹後鉄道の駅発行と限定されています。

JR地紋の常備自由席特急券は今や貴重です。

JR地紋の券ですが、「京都丹後鉄道」と記載があるので、京都丹後鉄道のカテゴリーに入れさせていただきます。

なお、京都丹後鉄道からJRへの直通特急に乗車する場合の連絡特急券(硬券、料補)の発売のある駅もありますが、久美浜駅での発売の有無については確認していません。

京都丹後鉄道久美浜駅補充片道乗車券、補充往復乗車券


京都丹後鉄道久美浜駅の補充片道乗車券です。

発駅発行駅常備の券です。

かぶと山までの小児片道での発券です。

IMG_20170228_0138.jpg
発駅発行駅補充の補片もあります。

同じく、かぶと山までの小児片道での発券です。

IMG_20170228_0139.jpg
補充往復乗車券です。

補往は発駅発行駅補充の券のみでした。

かぶと山までの小児往復での発券です。

補片では「当」日間有効と「当」が押印されていますが、補往では「2」日間有効の「2」が手書きです。

地紋色が青ですので、JR連絡券での発券が基本となりますが、趣味発券ということで、線内最短区間での発券です。

補片、補往は、線内用の硬券のような自由独特さがなく、自分はこのような様式の方がいいですね。

京都丹後鉄道天橋立まるごとフリーパス


京都丹後鉄道の天橋立まるごとフリーパスです。

京都丹後鉄道と丹後海陸交通の共同企画乗車券で、表記区間が1日乗り降り自由なフリーきっぷです。

京都丹後鉄道は全線で乗り降り自由です。

大人3090円(小児1550円)と、少々割高ですが、特急の普通車自由席にも乗れますので、使いようによってはお得となります。

常備券としてはやや薄い紙を使用していて、折れたり、破れたりしそうで、残したい方には注意が必要です。

券番は裏面に記載され、発行箇所、発行日の記入欄も裏面にあります。

この時は普通列車が利用可能なアニメ柄のフリーきっぷ(2000円、特急利用の場合は特急券別途)も売っていましたが、アニメ柄が嫌で、こちらのフリーきっぷにしました。

当日の急遽の予定変更で、昼すぎには使用終了となり、全くもとは取れていない・・・と思いきや、京都丹後鉄道の運賃がかなり割高ということと、特急自由席に2回乗車したことで、なんとかもとが取れたようです。

とは言っても、収集で購入したきっぷを実使用すれば、このきっぷは不要であったかもしれませんが・・・(笑)

きっぷ収集で丸一日乗車の方には十分もとが取れると思います。

なお、2日間有効な2days天橋立まるごとフリーパスもあり、大人4430円(小児2200円)で、1日当たりではこちらの方がお得です。

京都丹後鉄道では期間限定で安いフリーきっぷの発売があったりしますので、その時を狙って出かけるのもありかなと思います。

京都丹後鉄道久美浜駅準常備自由席特急券


京都丹後鉄道久美浜駅の準常備自由席特急券です。

久美浜駅では線内の特急利用者のためにこのような準常備の自由席特急券の設備があります。

一番最遠の90キロまでの区間である大江までの特急券として発券されています。

駅によっては常備の自由席特急券の口座のある駅がありますが、常備硬券の自由席特急券は線内の片道乗車券のような自由独特な券となっています。

準常備の券は自由独特さがなく、一般的なものとなっていますので、むしろこちらの券の方が収集的には満足な券です。

準常備券の場合、最遠区間の購入となるので、金額的には痛いですが・・・

京都丹後鉄道久美浜駅準常備片道乗車券


京都丹後鉄道久美浜駅の準常備片道乗車券です。

豊岡、播但線経由のJR連絡券で、一番下の記載駅である立花までの片道乗車券です。

一番下ということは一番運賃が高いということなのですが、準片はやはり最遠駅まで購入してしまいます。

この券の記載駅の姫路や明石、三ノ宮は需要がありそうですが、立花の需要がどれだけあるのか疑問です。

灘~立花間には芦屋や西宮といった駅がありますが、これらの駅ならば豊岡から山陰線、福知山線経由の方が、一般的のような気がします。

久美浜には準片があるとは思っておらず、訪問してよかったのですが、金額的には痛かったですね・・・

久美浜駅ではあまり時間がなく、メモもとっておらず、このほかの準片の有無やJR連絡硬券の口座状況については不明です。

京都丹後鉄道久美浜駅硬券入場券、硬券乗車券(金額式)


京都丹後鉄道久美浜駅の硬券入場券です。

この様式はあまり好きにはなれないのですが、つい購入してしまいました。

IMG_20170228_0014.jpg
久美浜駅の線内用の硬券金額式乗車券で、290円区間の券です。

一番安い金額式券を購入したのですが、久美浜から一番近い駅はかぶと山で、170円区間ですので、全区間の硬券口座はないのかもしれません。

現地ではこのことについての確認はしていません。

IMG_20170228_0021.jpg
久美浜から豊岡経由のJR連絡乗車券で、豊岡からJR200円区間の券です。

豊岡から200円区間ということは、着駅は江原か城崎温泉となります。

経由駅が豊岡であることが分かりやすく図示されています。

地紋色が青で、線内用の券とはきちんと分けています。

「West Japan Railway」の英語表記があります。

金額式の連絡乗車券の場合、通しの運賃の表記は小さめで、連絡先区間の運賃表記の方が大きい場合が多いですが、 この券は通しの運賃が490円と大書きされていて、なおかつ豊岡からJR200円区間であることが分かりやすい券となっています。

JR連絡券は線内用の硬券よりは面白く、購入してよかったと思います。

なお、これ以外のJR連絡の金額式券の確認はしていません。

京都丹後鉄道福知山駅駅名式補充券


京都丹後鉄道福知山駅の補充券で、駅名式の券です。

発行駅補充の券です。

京都丹後鉄道の公式サイトには、この券は第二種出札補充券で、京都丹後鉄道線内の乗車券の発券ができると紹介されています。

同サイトには、出札補充券は駅窓口に常備されていない乗車券類を発行する際に用いる乗車券と記されていますが、この時は硬券が常備されている区間でも趣味発券が可能で、福知山から福知山市民病院口までの片道乗車券として発券されています。

駅名式補充券は硬券入場券ほどの自由独特さはありません。

線内用の乗車券とは言え、補充券は様式にしばられ、独特さが出せないものと思われます。

京都丹後鉄道の全駅が記載され、発着駅名に○をつけるタイプの券です。

発売当日限り有効、往復の場合は2日間有効と記載され、有効期間を手書きしなくていい形式となっています。

出札で発券されるので、出札補充券でいいのかもしれませんが、このブログでは駅名式補充券は出札補充券とはいたしません。

京都丹後鉄道福知山駅硬券入場券、硬券乗車券


京都丹後鉄道福知山駅の硬券入場券です。

ダッチングマシンにより日付が入れられています。

なんというか、独特すぎて本当に駅の入場券かと突っ込みたくなります。

右側の小児断線が、かろうじて硬券らしさを醸し出しています。

京都丹後鉄道の地紋もかなり独特ですね。

京都丹後鉄道の「丹」の字がデザイン文字で面白いですね。

IMG_20170228_0018.jpg
硬券乗車券です。

金額式の硬券乗車券は見慣れていますので、入場券よりは違和感は少ないですが、やはり独特と言えます。

入場券と似た様式となっていますので、2枚を見比べて、パッと見ではどちらが入場券なのか乗車券なのか分かりにくいです。

硬券入場券の方は「Admission tickets」の英語表記がありますが、乗車券の方には「乗車券」を意味する英語表記は(裏面にも)なく、中途半端な印象です。

入場券も乗車券も通常の硬券とは違いがありすぎて、自分はあまり好きにはなれないのですが、独特で面白いですし、収集的にはありかなと思います。