西武鉄道40000系デビュー記念乗車券


西武鉄道の40000系デビュー記念乗車券の台紙表紙です。

IMG_20170325_0002.jpg
中面の記念乗車券部分です。

スキャナーの関係で上部が切れてしまっていますが、きっぷ部分が見えるようにスキャンしましたので、この画像でご容赦ください。

40000系の写真入りD型硬券乗車券が4枚セットされていて、1000円です。

パレオエクスプレス×レッドアローコラボ記念乗車券の硬券と似た様式の券です。

3月12日のデビュー記念イベントには行けませんでしたので、この記念乗車券は3月18日の購入です。

IMG_20170325_0003.jpg
台紙裏面です。

40000系の編成表、諸元(仕様)が掲載されています。

40000系は昨日から有料座席指定列車S-TRAINで運行を開始しています。

あくまで通勤車両という位置づけの40000系が有料で利用率はどうなるのか気になります。

ロングシート部分でも、もちろん座席指定料金が必要ですからね・・・

せめてクロスシートとロングシートで料金に差をつけるべきと思うのですが・・・

上りTJライナー運行開始1周年記念乗車券


上りTJライナー運行開始1周年記念乗車券の台紙表紙です。

IMG_20170228_0004.jpg
中面の記念乗車券部分です。

左側はスキャナーの関係で切れてしまっていますが、きっぷ部分が見えるようにスキャンしましたので、この画像でご容赦ください。

記念乗車券は東武鉄道のいつもの金額式硬券乗車券で、つまらないですが、着席整理券のレプリカが付いているということで購入しました。

TJライナーの着席整理券は入手できませんでしたので、レプリカでも「こんな券なんだ」と実感できました。

もちろん実物とは違いがあるでしょうが・・・

「上り」TJライナー運行1周年の記念ですが、池袋発の下りTJライナーの着席整理券のレプリカ(おそらくTJライナー運転開始の日付)もあります。

池袋では着席整理券は券売機での発売しかないはずですが、非常用にこのような様式の券がもしかしたら存在するのかもしれませんね。

このような記念乗車券ならば購入したくなってしまいますね。

JR北海道芦別駅出札補充券、料金補充券


芦別駅の出札補充券です。

上芦別までの小児片道での発券です。

IMG_20161108_0061.jpg
料金補充券です。

滝川から岩見沢までの小児自由席特急券での発券です。

芦別駅で購入した券は以上です。

回数券は補回のみで、購入はしていません。

赤平と同じく、札幌、旭川ゆきのSきっぷもありましたが、購入はしていません。

北海道で訪問した駅も以上になります。

美幌には時間がなく、行けませんでした。

JR北海道芦別駅常備自由席特急券、常備指定席特急券


芦別駅の常備自由席特急券です。

滝川から100キロまでの自由席特急券です。

赤平駅の常備自由席特急券でも言及した通り、札幌、旭川までの特急券としての設備と思われます。

赤平駅とは違い、芦別駅の常備自由席特急券はこの1口座のみとなっています。

IMG_20161108_0059.jpg
芦別駅の常備指定席特急券です。

赤平駅の常備指定席特急券と発行駅以外は同じです。

列車が同じではつまらないと思い、スーパー宗谷で発券していただきました。

この3月の改定でスーパー宗谷は「スーパー」が取れ、宗谷となりましたので、ちょっと面白い券となりました。

京成電鉄3500形未更新車引退記念乗車券


京成電鉄3500形未更新車引退記念乗車券の台紙表紙です。

IMG_20170228_0002.jpg
台紙の中面です。

カラー印刷のD型硬券乗車券3枚のセットです。

3500セット限定で、1000円でした。

先頭車の列車種別板が今時手作業での交換が必要な車両ということで有名でしたね。

この記念乗車券では台紙表紙の列車種別板のところが開いていて、中面の記念乗車券2枚目の列車種別板のイラスト部分にちょうど合うという凝ったつくりになっています。

記念乗車券2枚目のところにほかの硬券をセットすれば、表紙の列車種別板を特急や急行にすることも可能となっています。

硬券自体はなかなかいいと思いましたので購入しました。

さよなら銀座線01系記念乗車券

IGRいわて銀河鉄道の公式サイトによると、小繋駅の委託乗車券の発売(駅前の道の駅)が今月末で終了のようですね。

委託発売も徐々に減っていって、さみしい限りですね。


さよなら銀座線01系記念乗車券の台紙表紙です。

IMG_20170228_0006.jpg
台紙中面です。

D型の硬券乗車券6枚のセットとなっています。

左側はスキャナーの関係で切れてしまっていますが、きっぷが見えるようにスキャンしましたので、この画像でご容赦ください。

東京メトロのでは記念ものと言えば、一日乗車券(最近は24時間券)がほとんどですので、硬券は珍しいと思い、発売日(2月19日)に並んで購入しました。

5000セット限定でしたが、朝8時の発売開始で、午後3時には売り切れたようですね。

銀座線は頻繁に利用していますが、01系には自分は思い入れはありません。

銀座線自体が初期の開業ということもあって、車両自体が小さく、いつも混雑している電車というイメージしかありません。

それは現在の1000系にも言えることですが、1000系は若干立客スペースが広いので、立った時の圧迫感は01系よりはマシです。

ただこの硬券、台紙のデザインはなかなかいいです。

今後はこのような硬券タイプの記念乗車券の企画を増やしてほしいですね。

JR北海道芦別駅常備軟券乗車券②


芦別駅の常備軟券乗車券で、峰延、岩見沢ゆきの券です。

IMG_20161108_0057.jpg
稲積公園~白石~上野幌間ゆきの券です。

着駅に札幌が含まれます。

赤平駅の桑園~白石~上野幌間ゆきの券とは違い、2日間有効の長距離券となっています。

芦別駅の常備軟券乗車券で着駅が複数の券は以上です。

なお、新千歳空港ゆきの長距離券の設備もありましたが、購入はしていません(今となっては購入しておけばよかったと後悔しています)。

りんかい線天王洲アイル駅、品川シーサイド駅、大井町駅硬券入場券(2017年2月)


りんかい線天王洲アイル駅の硬券入場券です。

B型の硬券入場券です。

りんかい線天王洲アイル駅は硬券入場券の設備後は初訪問となりました。

硬券入場券はやはりB型で小児断線ありの券が美しいと思います。

IMG_20170228_0170.jpg
天王洲アイル駅の小児専用硬券入場券です。

新木場駅の小児専用券と同じく、赤線入りの入場券になっていました。

地紋入りの券の入手はできませんでした。

全駅一斉に入れ替えではないので、入手できない券がでてしまいますね・・・

今後はほかの駅も今の在庫がはけ次第、赤線入りの券になるものと思われます。

IMG_20170228_0171.jpg
品川シーサイド駅の大小兼用の硬券入場券です。

IMG_20170228_0172.jpg
品川シーサイド駅の小児専用硬券入場券です。

IMG_20170228_0173.jpg
大井町駅の大小兼用の硬券入場券です。

IMG_20170228_0174.jpg
大井町駅の小児専用硬券入場券です。

日付を見ていただければ、なぜ沿線に立ち寄ったかがわかっていただけると思います。

東京メトロの・・・ですね。

なおそれに関しては紹介しない予定です。

りんかい線新木場駅、東雲駅、東京テレポート駅硬券入場券(2017年2月)


りんかい線新木場駅の大小兼用硬券入場券です。

以前紹介したA型券からB型券に代わっています。

IMG_20170228_0164.jpg
新木場駅の小児専用硬券入場券です。

無地紋で赤線入りの入場券に代わっています。

IMG_20170228_0165.jpg
東雲駅の大小兼用硬券入場券です。

以前のA型券からB型券に代わっています。

小児専用券は以前に紹介した券と同じでした。

IMG_20170228_0167.jpg
東京テレポート駅の大小兼用硬券入場券です。

以前のA型券からB型券に代わっています。

IMG_20170228_0168.jpg
東京テレポート駅の小児専用硬券入場券です。

以前のA型券からB型券に代わっています。

小児専用券は大小兼用券と地紋色が異なっています。

B型の大小兼用券は各駅で地紋色が同じとなっているようです。

なお、国際展示場駅の硬券入場券(大・小とも)は以前に紹介した券と同じものでした。

上野東京ライン・湘南新宿ライン時刻表(冊子)、常磐線時刻表(蛇腹)、2017年


今年ダイヤ改定の上野東京ライン・湘南新宿ラインの冊子時刻表で、北部版です。

沿線の駅で無料配布されています。

文庫サイズ、64ページです。

昨年のものと掲載内容は同じで、前橋・宇都宮~大船間の高崎線・宇都宮線系統の上野東京ライン・湘南新宿ラインの普通・快速列車(ライナー列車は除く)が掲載されています。

この区間の普通・快速列車のみ利用している方には十分な内容となっています。

IMG_20170305_0004.jpg
同じく南部版です。

掲載内容は昨年のものと同じで、伊東~大宮間の伊東・東海道線系統の上野東京ライン・湘南新宿ラインの普通・快速列車(ライナー列車は除く)が掲載されています。

逗子~大船間は湘南新宿ラインの列車のみ掲載となっています。

大船~大宮間は北部版と掲載内容がかぶりますが、北部版にはない東京駅、上野駅の発着番線の掲載があります。

IMG_20170305_0002.jpg
今年ダイヤ改定の常磐線の蛇腹時刻表です。

画像よりももう少し下に長い時刻表です(都合により下部の画像を切らせていただきました)。

品川~竜田間の常磐線の普通・特別快速列車(中距離電車)の他に、特急ひたち・ときわの時刻も掲載となっています。

ただし品川~取手間のいわゆるE電区間の常磐線快速列車の掲載はありません。

東京地区でも配布されていますが、水戸支社管内の配布を考慮されているため、竜田までが掲載範囲となっています。

常磐線のみ利用の方には便利な時刻表です。

東京地区JRの無料配布の時刻表(各駅のポケット時刻表は除く)はこの3つのみです。